理事長・校長から

新時代をつくる、君たちへ

理事長 深川 純一

私達の人生には、沢山の出会いがあります。出会いによって人生が変わることもあります。また、出会いによって人は育つものでもあります。どのような人に出会うかによって人の一生は左右されます。したがって、皆さん出会いを大切にして下さい。

学校というところは、若い時に善い友人と出会い、良い先生と出会うことの出来るところです。そのよき出会いの場として、皆さんが本校を選ばれることをお奨めします。

本校は、昭和2年に創立され、日本大学付属大阪中学校として発足しました。当時、日本大学には附属中学が、東京に日大一中、二中の2校あり、3校目として本校が誕生しました。その後、昭和19年に日本大学から財団的に独立して大阪学園大阪中学校となり、今日に至っています。

本校の建学の精神は、「全人教育」即ち、知育、徳育、体育のバランスのとれた教育です。ただ、その核になるものは何と言っても知育です。知育を強化することによって徳育も体育も伸ばされることになります。

本校の先生達は面倒見のよい教育、きめ細かい教育の実践に当たっています。このように、本校は心の友に出会うことが出来るところです。皆さんが善い友人、良き先生に出会われることを祈っています。

生徒と先生が一体となった学校

学校長 岩本 信久

本校の開校は1927(昭和2)年、日本大学第3中学校として産声を上げ、以来普通科の学校として卒業生も3万人を超えました。
 創立以来「人格の完成」を教育目標としながら、また「知育・徳育・体育」のバランスを見定めながら育成をはかってきました。2003(平成15)年に「学ぶことの充実感」「やればできる達成感」の持てる新カリキュラム構想では、「徳育・体育」の土台に「知育」を位置づけ直したことが、2007(平成19)年度の卒業生たちが京都大学をはじめとした難関大学に現役で合格するという実績につながっています。
 2008(平成20)年度からは、国際化・共生化時代にふさわしい教育の在り方、より豊かな学園づくりを目指して「男女共学」がスタートしました。大阪高等学校は、目標をもって真面目に取り組み、努力を惜しまない人や未来志向でひたむきに頑張ろうとする生徒の皆さんを大いに歓迎し、全教職員が総力を挙げて支援体制を整え、サポートします。